This page:TOP > コンテンツ > 整体の歴史・起源(はじまり)

整体の歴史・起源(はじまり)

自然治癒力を回復させる整体

整体の起源(はじまり)には実にさまざまな説がありますが、「整体」という言葉は日本で生まれた造語で、原型モデルは現在から2千年前の中国の「椎拿(すいな)」が発祥で有ると言う考えが一般的なもようです。

もちろん椎拿も同じく手技療法の一つで、主に骨格や筋肉のバランスの調整を施し、またリハビリテーション等に用いられている手技療法です。

他に言われているのは1874年、西洋でアンドリュー・テイラー・スティルによって発表されたオステオパシーが発祥とも言われています。

いづれにしても、日本武術から伝わる手技療法に伝統の中国医学の手技療法や大正時代に日本に伝わったオステオパシー技術、欧米のカイロプラクティックなどの手技療法が日本に紹介された時に、当時の日本の治療家たちが独自にミックス、様々なアイデア等を加えて現在の「整体」を確立してきました。

基本的に整体は経験則を重視しますが、上記のとおり治療家たちによって常に独自の工夫が成されているので、カイロプラクティックと同じような西洋医学的な診かた・手技をする場合もあります。 

ちなみによく間違われる柔道整復師(接骨,整骨)とは、治療に対する思想から施術内容までまったく違うものです。

 

 

整体院・カイロプラクティック院サーチTOP